続・みずうみ

映画のことを中心に、小さく平凡な毎日の中で自分が感じた色んなことを、湖のような落ち着いた心持ちで考えていきたいと思います

「NOPE」

ポスター画像

 

2022年アメリカ/原題:NOPE/監督:ジョーダン・ピール/131分/2022年8月26日〜公開

 

予告編を見てもさっぱり訳が分からないし、箝口令が引かれてるのか事前の情報はほとんどゼロのままに見る。

とりあえず一貫してホラーではない。そっからして思い違いだった。で、やっぱりジョーダン・ピールなので怖がらせたいんだか笑わせたいんだか〜、という演出が多くて、自分は結構笑った。

この作品も例によって深読みしようと思えばいくらでもできるんだろうな、と思う。

社会における黒人の地位や搾取の構造的なことは、彼の映画では常にモチーフになっているので、本作でも織り込み済みだとは思うけど、でも私はそこまでテーマ性的なものを感じながら見ることはなかった。

特に深掘りしたいとも思わず。そうなるとチンパンジーのくだりとかがどうしても唐突に感じられてしまうんだけど、ま、それでもいっか、と。

ストーリーとすんごい映像表現だけで十分面白く見られた。

ティーブン・ユアンのファンとしては、彼の役はちょっと食い足りなかったな。

何はともあれジョーダン・ピールなんだからと、どんな内容であれシネコンでかかるまでの人になった訳で、だから彼にはこれからもやりたいことを自由にやって、そのすごい才能をどんどん見せて欲しい。