続・みずうみ

映画のことを中心に、小さく平凡な毎日の中で自分が感じた色んなことを、湖のような落ち着いた心持ちで考えていきたいと思います

コンペティションは本当に必要か

今回のショパンコンクールは、かてぃんは出ているし、反田恭平はリアルピアノの森になってるし、あれこれ話しかけてくる息子氏につられてなんだかんだでよく動画を見た。

個人的にはすっかり小林愛実のファンになった。なんて素晴らしいピアニストなんだろう。指に羽根が生えてるのかというくらい力みのない反田恭平の演奏も素晴らしかったけど、彼女の情感溢れる演奏は今回の大会を通じて一番のお気に入りだった。

 

それにしても、ショパンコンクールは私みたいな素人からすると天上界のやり取りというか、もう全員天才でええやんとしか言いようのない世界の出来事である。あとはもう好みの問題でしかないと思う。

このコンテストはその周到で時間をかけた審査の進め方も含めてピアノ界のオリンピックの一つであり、この極度の緊張の舞台を楽しんで見ながらも、どうしても人間はなんとか順位をつけたい生き物なのだなあとつくづく思ったことだった。

 

ピアノに全てを捧げて一世一代の舞台を目指してきた天才たちの渾身の演奏は、観客にとってはこの上なくドラマチックで最高のエンターテインメントである。コンテスタントの指の震えすら、見る者を興奮させる。

彼らにかかっているプレッシャーや負荷を思うと途方もない気持ちにさせられる。

こういうことを言うと身もふたもないのだけど、一番を決めるということに、一体どれほどの意味があるのだろうと、それぞれが素晴らしいだけに思わずにはいられなかった。

もっとも、コンテスタントたちは最終的には自分の納得のいく演奏ができたかが全てで、勝ち負けにとらわれているようには見えなかった。このレベルに達するとそりゃそうであろうとは思う。

 

私自身は、子供の頃からのあがり症でもあり、今では一発勝負で運命が決まるみたいな極度の緊張を強いる、かつ失敗が許されないシチュエーションはできる限り避けて生きるのがいいという考えで落ち着いている。

ひとつ間違ったら全て水の泡みたいなことって、残酷だし、本質的じゃないし、不必要なプロセスである場合も多いと思っている。

ショパンコンクールのものすごい緊張感に立ち向かって演奏する人を見て私たちは感動するし、そういうプロセスを経てこそ見えてくる景色もあるんだろうが、かと言ってプレッシャーに打ち勝って勝利しなければダメな人生というわけではないと思う。

戦う人を否定しないし、凄いなと素直に思うが、「戦え立ち向かえ死ぬ気でやればなんでもできる、逃げるな諦めるな」みたいな思想は当然のようにまかり通っていて、まるでこの社会ではコンペティションから逃げては人としての成長もないみたいだ。でも、本当に全ての人生にコンペティションは必要なのかな?

 

我が家の高校3年生と中学3年生は来春次のステージに進むわけだが、二人ともいわゆる受験はしないということになりそうだ。いいんじゃないかなと思っている。

専門分野に応じた、その組織の構成員が共有しておくべき一定の知識やスキルを査定する必要は当然あるが、日本の受験や就活など(もちろん全てではない)の「候補者を落とすために本質を超えて極度の負荷をかける厳しすぎる競争システム」はちょっと行き過ぎているのではないかと個人的には思う。だってたかが学校や会社に入るためのことだ。学校や会社に入るのが命懸けみたいになってるのって気持ち悪い。

「自分がどのレベルにあるか」によって選択肢が半自動的に決められるみたいになってしまって、自分の意思は二の次になるのも変だ。

このゲームになんとか勝ち抜けなくては、と思った時点で、なんかもうまんまと長いものに巻き込まれていると感じる。

 

そんな自己肯定感を爆下げするような過酷なゲームにあえて参加せずとも、子供たちには自分のやりたいことを自分なりにやれる道を、自分の頭で考えて見つけていって欲しい。

そうは言っても、この社会に生きていて査定されるシーンにはたびたび遭遇すると思う。その時に、コンペティションに対する割り切りを身につけておくことは人生を生きていく上でわりに必要なことではないのかなと思う。

厳しすぎる査定を真に受けて「自分は必要とされていない無価値な人間だ」と信じている人は、この国ではとても、とても多い。だからこそ毎年3万人もの人が自ら命を絶つ。こうして書いている自分もしばしばそんな思いに囚われることがあるくらい、その呪いは強力だ。

 

死んだばあちゃんは「学校は縁があるところに行ったらええんじゃ」と言っていた。一周回ってほんとその通りだなあと思っている。