続・みずうみ

映画のことを中心に、小さく平凡な毎日の中で自分が感じた色んなことを、湖のような落ち着いた心持ちで考えていきたいと思います

生後242日(7m/30d)

 f:id:beautifulcrown7:20210424172100j:plain

今日でまる4日、赤ん坊がうんちを出していない。

その4日前も水分の少ないうんちをほんの少し出しただけなので、今、赤ん坊のお腹の中にはほぼ1週間分のうんちがたまっている状態だと思われる。

生まれた時から便秘気味である。もちろん日々自分なりの予定もやることもあるのだけれど、赤ん坊のうんちが出る、出ないは、自分にとってはかなり大きな懸念事項で、うんちに生活が振り回されていると言っても過言ではない。

うんちさえ出ていれば、わりに落ち着いた赤ん坊だと思うのだけど、うんちが出ていない期間が長引くと、途端にちょっとしたことで機嫌が悪くなり、眠りが浅くなり、目に見えて落ち着きがなくなってハイテンションになり、育児の大変さが嘘みたいに急増するので、もう死活問題である。

 

そしてうんちが出た途端にめっちゃいい子になる。さっきまでの悪鬼のような状況はなんだったのか、と打ちひしがれたくなるくらいの変わりようである。

だから、リビングでおむつを外して遊ばせているときにおねしょシーツの上にうんちして周囲が大変なことになってしまっても、ぼやくよりも良かった良かった!えらいえらい!と喜ぶくらい、とにかくいつでもうんちが出てほしい。

 

昨日あたりからだんだん手がつけられなくなってきている。ひゃー、た い へ ん ー。

今朝は意を決して娘氏と二人がかりで綿棒浣腸を試みたが、泣きに泣いて汗だくで失敗に終わった。その後も泣いては頻回に授乳して、またすぐぐずって泣き疲れて眠り、すぐ起きてぐずって、おんぶしてもだめで、そのうちまた疲れて寝て、という不毛で慌ただしいループを延々と繰り返す。

外出する気力もすっかり無くなって薄汚れた部屋でほげーとして、合間に飲み食いしたり、録画した番組なぞをだらだら見ているうちに、もう日が暮れようとしている。

 

全てが暫定的で、やらなければいけないことが色々あるようなのに、何ひとつできないままで、気分が荒くなって変な食べ方をしてお腹がもたれて自己嫌悪に陥ったりしている。

しかし!今わたしは乳人間である(えっへん)。人でありながら生ける食料であることがまずもって重要な使命である。

からしてこんなもんだ、これでいいのだ、と自分に言い聞かせてなるべく気楽に過ごそうとつとめている。

 

赤ん坊ははいはいしないまでも、だんだん腹ばいで方向転換がスムースにできるようになってきた。伝い歩きも上達してきている。握る手の握力は相当強くなっていて、髪やら首やらを掴まれるとイテテテ、となる。

もっと動き回るようになる日々が近い将来待っている。うーむ、ついていけるんだろうか私。

最近託児付きのヨガを始めた。屋外だからとても気持ちが良い。頑張って体力づくりしていかなくては。

 

それにしても、あーなんという非カラフルな土曜日だったろう。

ただただうんちを待つばかりの土曜日だった。