続・みずうみ

映画のことを中心に、小さく平凡な毎日の中で自分が感じた色んなことを、湖のような落ち着いた心持ちで考えていきたいと思います

生後188日(6m/4d)

f:id:beautifulcrown7:20210301134517j:plain

赤ん坊が思ったよりも長く眠り続けている・・・ドキドキ。

こないだ買ったビオラの苗を庭に植え、ビオラとビニールハウスの野菜に水やりができて良かった。

お天気が良いので、午後からは散歩がてら赤ちゃんルームへ行ってこようと思う。

 

新生児の頃から、おむつを外しておしっこを飛ばす気持ち良さを意識的に経験させていて、おすわりが安定してからは起き抜けなどにおまるに座らせるようにしていたら、この数日でもうおむつでおしっこをしなくなった。今朝もおむつは濡れていなかった。

数時間おきにおまるに座らせるとすぐにぴゅーとおしっこを出す。すごく面白く、可愛い。みんなしてわーわー大げさにほめると、なんとなく嬉しそうにしている。

上の子二人は完全紙おむつだったので、6ヶ月になったばかりの赤ん坊がここまで排泄のコントロールができるなんて全然知らなかった。

そして紙おむつの方が楽だと思い込んでいたけれど、こちらの方が全然楽だし経済的でもある。何より本人が快適そうなので、もっと早くに知っておきたかったなと思う。

 

離乳食もぐんぐん進んでいる。食べるのが好きみたいで、もっともっとと欲しがる。

さつまいも、かぼちゃ、玄米、ご飯と焼き海苔、にんじん、豆腐。全部細かくすりつぶす。

夜泣きの間隔が短いのは、鉄分不足らしいというアドバイスをもらったので、もっと海藻やプルーンを摂ることにした。

赤ん坊は毎日変化し大きくなり、私の試行錯誤や工夫も日々続く。

 

上の子の抱える複雑で微妙な問題とは違って、赤ん坊はなんてシンプルなんだろ。

上の子たちには、もう私がやってあげられることなんてろくにないのだ。基本は彼ら自身で切り拓いていくしかなくて、傷ついたりつらそうにしていても、もう見守ることしかできない。心の中で「がんばれーがんばれー」と念じ、食べるものを作る。

 

赤ん坊のいる暮らしは、自分を常に後回しにしなくちゃならないけど、こんなにいつもまっすぐ好きと伝え合っている関係性って他にはない、そしてその時間の短さを思う。

 

泣き顔を丸めて笑う子どもかな このたやすさはいつまで続く 吉川宏志