続・みずうみ

映画のことを中心に、小さく平凡な毎日の中で自分が感じた色んなことを、湖のような落ち着いた心持ちで考えていきたいと思います

このところの映画いろいろ

年によっては出ない時もあるのだけど、夏が終わって秋に差し掛かり、空気が冷え込むと夜の喘息の発作に悩まされる。

深く眠り込んでしまえばやり過ごせるが、今は夜中に何度も起きて授乳する生活なので、起きるたびにゲホゲホゴホゴホ、とっても苦しくなかなか寝付けない。

昨夜も咳に耐えかねて、白湯を飲みながら明け方1時間くらい一人でぼーっと起きていた。

 

気管支炎に良いと書いてあったびわ茶とヨギティーのスロートティーをネットで買ってみる。効果があるといいんだけど。

 

このところ、赤ちゃんをあやしながら見る配信の映画たち、いつもよりあんまり頭に入らないけど宙ぶらりんな時間だけはあるので、気がつけば色々と見ている。

なぜか劇映画よりドキュメンタリーが見たい傾向。

読書もフィクションから遠ざかり、ノンフィクションやエッセイや対談が読みたい感じ。

子育て中は毎度「物語」から離れる傾向がある。何なんだろうな。

 

しかしそれ以前に、スマホが生活に入り込むほどに、紙の本をグッと集中して読めなくなっている。スマホ以降、読む体力が明らかに落ちている。頭がばかになっていっているような気がする。

 

このところ見た中で面白かった作品。

 

「僕の家族の全て」★★★★★★☆☆☆☆(6/10)Netflix

そりゃそうだろうなーという流れ。何はともあれ母の愛。それさえあればおさまるところにおさまっていくんだなと。

f:id:beautifulcrown7:20200908160733p:plain

 

「ドーンウォール THE DAWN WALL」★★★★★★★★☆☆(8/10)Netflix

ピーターの現代の生き方に対するアンチテーゼみたいなシンプルな生き方がいいなあ。コンペティションでない人生を追求する。

NetflixUSAの夜明けの壁

 

「エノーラ・ホームズの事件簿」★★★★★★☆☆☆☆(6/10)Netflix

ストレンジャー・シングス」のエルを演じたミリー・ボビー・ブラウンがとてもチャーミング。良くも悪くも彼女が作品を引っ張っている。

f:id:beautifulcrown7:20200930131604p:plain

 

「カルテット」★★★★★★★★★☆(9/10)Amazon Prime

久々に見直して、坂元裕二さすがとしか。ドラマという形式を最大限に生かして、ささやかで大事な、微妙なものを描いている。キャスティングも素晴らしい。

f:id:beautifulcrown7:20200930132444p:plain

 

「ザ・ファーム 法律事務所/The firm」★★★★★★★★☆☆(8/10)Netflix

1993年のシドニー・ポラック監督作品。90年代いくつも作られたジョン・グリシャム原作の作品、どれも結構好きだ。サントラがJAZZYでかっこよかった。

The Firm (1993) 11x17 Movie Poster - Walmart.com - Walmart.com

 

「ミス・レプリゼンテーション」★★★★★☆☆☆☆☆(5/10)Netflix

インタビュイーが幅広くて見応え。グロリア・スタイネムを久々に見た。相変わらず凄みある。内容にはもちろん共感するが、正論で詰めて女性をただ被害者として描くアプローチはもう古いって思うんだ。

ミス・レプリゼンテーション: 女性差別とメディアの責任 - 映画情報・レビュー・評価・あらすじ・動画配信 | Filmarks映画