続・みずうみ

映画のことを中心に、小さく平凡な毎日の中で自分が感じた色んなことを、湖のような落ち着いた心持ちで考えていきたいと思います

「監視資本主義:デジタル社会がもたらす光と影」④

SNSがもたらした社会問題】

人間はテクノロジーを進化させて、テクノロジーが人間を圧倒する瞬間を夢見ていた。

しかし、その前にテクノロジーが人間の弱点を握る瞬間がやってきた。

この分岐点を超えるとテクノロジーは中毒の原因となる。

人々の対立や怒りを生み、虚栄心の塊となる。

テクノロジーが人間の本性を支配する。Checkmate humanity.

 

辞書やウィキペディアは、誰がアクセスしても内容は同じ。それが「事実」とか「共通認識」と言われるものである。

ところがGoogleFacebookYoutubeでは、金儲けのためにコンピュータが計算して恣意的に、ユーザー情報に基づいて異なる内容を表示することが分かっている。

ベースとなるのは、我々の関心を広告主に売り渡すビジネスモデルに基づいたアルゴリズムだ。

 

同じSNSを使っていても、一人ひとり違う、AIによってリコメンドされた偏ったものを見ている。

 しかし、ユーザーは、自分でアクセスした訳でなく自動的に表示された情報に触れているので、各々自分が見ている情報はニュートラルなもの、つまり「事実」であり「共通認識」であると感じている。

 

このようにして、政治思想の二極化をはじめとした、人によって極端に異なる、強固な現実感が日々強化され続けている。

違った意見や考えを持つ人を互いにありえない、信じがたいと感じてしまう心は、ソーシャルメディアによる「情報の操作および編集」が生み出したものだ。

意見が違う人を目にすると「なぜこんなにバカなんだ!?自分は数多くの情報を見た。それを見ていないというのか?」と感じるようになる。「明白な嘘を信じるな。目を覚ませ!」

その通り。彼らは同じ情報は見ていない。

 

「おすすめ動画」をを次々と見せるAIのアルゴリズム技術は、二極化を促進する。視聴時間を長くするためには二極化が効率的だからだ。

アルゴリズムは人の欲しがるものを与える訳ではない。ユーザーを虜にする有効な落とし穴はどれかとあの手この手で試すものだ。

 アルゴリズムには、真実も倫理も関係がない。見る者を虜にして、できるだけ長く、たくさんの動画を見てもらうために、関連した動画を機械的にどんどん繰り出すだけだ。

 

こうしてYoutubeは荒唐無稽な「地球平面説」を数百万回おすすめ動画として多くの人に勧めまくり、多くの人がそれを本当のことと信じ込んだのだし、Facebook陰謀論を信じやすいとコンピュータが判断した層にフェイクニュースである「ピザゲート」の情報を自発的にどんどん送りつけ、その結果実際に行動に起こす人があらわれることになった。

 

もちろん、フェイクニュースプロパガンダも、昔から存在した。

ただし、SNSは何倍もの速さで、安価に、フェイクニュースを拡散する能力を持つ。

アルゴリズムは日々すさまじいスピードで賢くなり、この先どんな嘘の情報を拡散するのか、アルゴリズムを作った本人にも分からないし、もはやコントロールもできない。

 

SNSアルゴリズムを利用して、現代の政治家は大衆を操作する方法を会得することになった。

つまり、真実かのようなフェイクニュースを作り、多くの情報を錯綜させ、何が本当かを分からなくさせることで、人々の信念を切り崩していく。

大衆を何を信じればいいのか分からなくなった脆弱な精神状態に置くことで、権力は人々を容易くコントロールすることができる。

 

考えが二極化し、相手を信頼せず、意見を聞こうとせず、激しく憎み合う二つの集団をが生まれる。

中道的な意見は脇に追いやられ、白か黒かの戦いが加速する。

ソーシャルメディアの発達した先進国では、いずれも極右勢力や独裁勢力が台頭し、国内意見が二分化して互いを攻撃しあう、内部分裂が起こっている。この国もしかり。

 

「共通認識」を共有できないことは、とても恐ろしいことである。

それは基盤になるもので、それなくしては会話は成り立たたず、あらゆる問題の解決は不可能になるからだ。

 

小さなスマートフォンのおすすめ動画を怖いと思う人はいない。技術そのものは脅威ではない。

ソーシャルメディアの社会の闇を引き出す力が問題だ。その闇とは、存在価値を失うこと。

 

SNSの技術が混沌・怒り・礼儀や信頼の欠如・孤独・排除・二極化・選挙不正・現実から目を逸らさせるのなら、それは社会問題だ。

今、社会は自浄作用が効かなくなり、混沌は深まる一方だ。

 

ソーシャルメディアは世界を好きに操るデジタルモンスターだ。

しかし彼らは、子供の精神も、政治も、社会に対する責任も負っていない。

このまま進めば20年後に「故意的な無知」によって文明は滅びるだろう。気候変動に対応できない。

ソーシャルメディアは世界中の民主主義を劣化させ、異様な独裁国家に変えていく。経済もする。

人類は生き延びられない。