続・みずうみ

映画のことを中心に、小さく平凡な毎日の中で自分が感じた色んなことを、湖のような落ち着いた心持ちで考えていきたいと思います

もう学校へは行かないかも

きりきりと寒い外気を遮って、ぬくぬくと暖房を効かせた部屋で家事にいそしむ金曜日。寒いけれど、元気がないからえいやっと服を着替えて夕方からヨガへ行ってくるつもり。

 

おっちんは今日も学校へ行かなかった。昨日、クラスの友だち母子に集まってもらって、その時は友だちと楽しそうに喋っていたけれど、帰宅してからも明日はがんばって行くと言ってまとめノートだの持ち物準備だのしていたのだけど、深夜にはずーーんと落ち込んでしまい。

 

今朝、だんなさんは朝ご飯を食べながら「おっちんはもう、学校へは行かないかもしれないねえ」と言った。

私もなんかそんな気がした。

 

ふむ。

これまでの「まいっかー」的な、留保的な感覚じゃなくって、今の中学校へ行かなくていい選択肢について、ちょっとぐっと具体的に考えるフェーズに入ったのかな。

 

それで、昼時にフォーを食べながら「とりあえず制限や禁止とかなんもないと仮定して、そしたらおっちんはどうしたい〜?」という話を3人で結構長く話した。

 

一年間外国に旅!とか(本で読んだ奥田愛基くんの母校である)鳩間島の中学校!とか「銀の匙」の酪農の学校!とか思いつきでいろいろ言っている間は、もう目がキラッキラして楽しそうで、やっぱり「全てがめんどくさい」引きこもりモードとかではなくって、逆にこの人は意欲は人一倍あるんだよなあ〜と思った。

 

とにかくおっちんは口が達者で、小学生から今に至る自分の気持ちの変遷や、今自分がどう感じているか何が問題かなどを、筋道立てて考え、かなり正確に言葉にして表現することができる。なので、もちろん自分の都合の良いように喋っているとはいえ、ある程度は納得せざるをえないなあと感じる。

 

 

***************************

学級崩壊のクラスやしょうもない男子が嫌なのはもちろん。

だけどクラスが変わっても、結局6割は「中学校が嫌い」なの。

 

毎日毎週、課題・テスト・あれやっとけ・これ提出しろ・・・ただただ言われたことをやり続ける。

絶え間なく追い立てられるように過ごすのがたまらなく嫌なんだよ。

これがあと2年、高校生になっても4年5年と続くのかと思うと、ぜつぼうてきな気持ちになるんだよ。

 

どんどん余裕がなくなって、自分からきれいなものが出せなくなってしまったように思う。

運動もできなくてだんだん太って、忙しくて疲れてしまって生活が乱れてしまっていて、そんな自分自身が嫌になっちゃうし。

 

小学校の時は、部活もなくて今ほど忙しくなかったし、「そういうものだ」と思って受け入れてやれていた。

でも、映画を見たり本を読んだり、おとーさんおかーさんの話を聞いたりするなかで、今の自分の状況をもう当たり前でこんなもんとは思えなくなっちゃった。「こんな嫌なのをガマンしてまでやらないといけないことなんだろうか、何になるんだろう」と思い出したらもうがんばれなくなった。

何とか気力を振り絞って、何か手近な目標を見つけて頑張ろうとするんだけど、どうしても長続きしなくて、どーーでもいいって落ちちゃう、の繰り返しでつらい。

***************************

 

 

まー無理もないなあと思うところもあるし、お、おれのせいか!?と思うところもまあまああるので、うーむと唸りつつ話を聞いた。

 

むしろ、今彼女の学校が要求する中学生活を十全にこなそうとした場合、一番必要とされるのは「疑問を持たない」「受け身力」とも言うべきものなような気がする。

「そもそも」や、「なぜ」を考えず、言われたことを素直に遂行する、やった感を出して行く。

「カラーペンを何色も駆使して、過剰にきれいに作られた提出用ノート」みたいに、ずれた方向に頑張るイメージ。

そこに順応できるようになることって、果たして彼女にとって本当にいいことなんだろうか?

 

ゆうたみたいに何を言われても右から左に聞き流し、特に反抗も主張もしないがのらりくらりと結局やらず、自分の好きなことしかしない人は、周囲の大人はそれはそれはムカつくのだが、一番大人からこうむらないんだよな。

 

逆に、いくら真に受けんなって言っても、課題なんてやらなくて良し、そんなことより寝な〜〜〜と何度言っても、おっちんにはそれはむずかしいことなのだ。

 

ゆうたなぞ、宿題くらいはやれば、遅刻ばっかすんなと言っても、まあ宿題もしないし、どんなに遅刻ギリギリでもがっつりもりもり腰を落ち着けて朝ご飯を食べて行くもんな!性格だよなあ。

 

 

「何をするにせよ、自分で決めるといいよ。あなたの人生なんだから。人に言われて決めてしまうと、上手く行かなかったときに必ず人のせいにすることになるから」

とだんなさんが言って、今日のところはひとまず終了。

 

 

私はつい「あーすれば?こーしたら?」と言いたくなっちゃうけれど、ガマンガマン。

おいおいおっちんが決めていくのに任せよう。