続・みずうみ

映画のことを中心に、小さく平凡な毎日の中で自分が感じた色んなことを、湖のような落ち着いた心持ちで考えていきたいと思います

thought

コンペティションは本当に必要か

今回のショパンコンクールは、かてぃんは出ているし、反田恭平はリアルピアノの森になってるし、あれこれ話しかけてくる息子氏につられてなんだかんだでよく動画を見た。 個人的にはすっかり小林愛実のファンになった。なんて素晴らしいピアニストなんだろう…

息子氏の変化

急に空気が冷え込んで、慌てて衣替えをすすめている。毎度のことだが、衣替えをするとダストアレルギーでくしゃみと鼻水が止まらなくなりとてもつらい。しかも空気が急に冷え込むと喘息が出る。今夜辺り、発作が出そうで不安だな。 毎晩、暖かいほうじ茶を入…

そろそろステージが変わるので

おとといから末っ子が発熱している。 某認可外保育園の見学に行ったせいと思われる。園のおもちゃ、口に入れて遊んでたものなあ。 そうだった、他所に預けるということは、初めは色々ばい菌関係をもらってくるということは避けられないんだった、ということ…

だんなさんのいない日

昨日は、だんなさんが終日不在だったので、母子でだらだらと過ごした。用事は、午後に保育園の見学が一件だけ。 普段一緒にいると気づかないのだが、だんなさんがいないとなぜか「そういえば前々からあそこに行ってみたかったんだよなー」とか、ふっといろん…

緩やかな鬱

もがきつつ、右往左往の一週間が終わろうとしているなあ。 でもなんか、ようやっと少しだけ、灯りが見えた感。 台風が近づいていて、ずっと薄暗い。早朝からどんどん雨脚が強まっている。いいな、この感じ。今日はきっと家から一歩も外に出ない。 このところ…

辻仁成さんの日記

このところ、ブログを書くことが難しいなと感じている。 私は良いこともそうでないこともひどく忘れっぽいから、先々読み返したらきっと色々思い出して面白かろうくらいの気持ちで、気負わず正直に、気が済むように書いているのだけど、最近はどうにも気乗り…

再会

昨日は、末っ子を連れてイベントに参加。動く分、寝ない分、以前より大変になっていて、これからしばらくは、大人の集まる場に行くのは現実的じゃないなと確認。 会場で、上の子ども絡みの懐かしい人にばったりに再会した。互いの近況を楽しく話せて嬉しかっ…

「ブスの自信の持ち方」

2019年/山崎ナオコーラ著/誠文堂新光社 山崎ナオコーラさんの本を初めて読んだのだけど、すごく刺激的で面白い本だった。 私は自分の感情に引きずられてしまいがちで、著者のような洞察力はもとより、このような聡明な公平さはとても持ち合わせていないの…

なぜ日本は冷たい社会になっているのか

先週から今週にかけて、分野は違うが積極的に社会に対してアクションをしている人と差し向かいでじっくり話す機会が、たまたま立て続けにあった。 いずれも素敵な人たちで、良い時間で、自分の中にふっと違う色の風が吹き、自分ができることの可能性が広がっ…

子ども雑記、学びについて

今日も雨。小雨の中ベビーカーでぶらついていると、これまで歩いたことのない近所に、赤ん坊を遊ばせるのにちょうど良い場所を発見して嬉しい気持ち。これだけ長く住んでいてもこういうことってあるのだなあと思う。 滑り台を自力で上までよじ登れるようにな…

某メンタリストについて思うこと

炎上中の某メンタリスト、問題になった発言を文面で、それから「謝罪と今後の展望」なる短い動画を見た。 色々な意見が入り乱れているが、大前提として、「このような思想がまかり通る社会であってはいけない。このような意見に私は決して与しない」という意…

ふわふわと人並み

今日も晴れて蒸し暑い。赤ん坊は朝からプール遊び。元気に食ベてたくさんうんちを出して、よくおっぱいも飲む。 娘氏は昼夜逆転がひどく、起こしにいってもなかなか起きない。とても気がかり。 起きている間は普通に機嫌も良く、よく喋り、赤ん坊の世話もす…

武者修行へ

息子氏、旅立つ。見送りに家族で成田へ。 空港は、ひと気のないがらんとした巨大な箱だ。 チェックインカウンターは、ほんの一つ二つの航空会社の窓口が開いているだけ。 利用客より空港スタッフの方がだいぶ多い。清掃の人やガードマンが談笑している。 飲…

「大坂なおみ」②

心に残ったもう一つの箇所は、第二話の最後、彼女のモノローグだ。 Honesty, tennis is not necessory for anything. I'm doing it. Like I love doing it,but there's more important things in the world. 正直に言って、テニスはこの世に必要なものではな…

「大坂なおみ」(Netflix ドキュメンタリー)①

最後のとどめみたいな醜聞と解任騒ぎを経て、オリンピックの開会式。 私は例によって早寝なので、内容はニュースやSNSを通じて断片を知ったのみ。 だから、開会式がどうだったかを語ることはできないのだけど、少なくとも現場の運営の人々の混乱や大変さは想…

早朝の主婦考

おかしな時間に不安な気持ちで目が覚めて、眠れなくなってしまった。ただいま朝の4時半。 ドアの隙間から漏れてくる明かりが気になって寝室を出たら、リビングの電気もエアコンもつけっぱなしドアも開けっぱなしのまま、ゴミだめのように散らかった自室で息…

7/13ポリタスTV②(声を上げ続けることの意味)

同番組でもう一つ、違う側面からオリンピックの問題についての重要な論点であると思った、高橋源一郎さんの話。 あまり知られていないがオリンピック憲章には「オリンピックから生じるすべての利益はIOCのものだ」と書いてある。私的な組織のイベントだとい…

7/13ポリタスTV①(五輪の問題ってなんなのか?)

気がつけば、オリンピックの開催まで一週間を切ったらしい。あまりに受け入れがたいので、具体的な情報を見ないようにしてきたら、気づいたら目の前でびっくりしている。 そんなことよりと言うとあれなのだが、我が家的には五輪とちょうど時期が重なる、ゆう…

私が不安

昨夜、チーズフォンデュをつつきながら、だいぶコンディションの良くなった娘氏に「最近どう」と訊いてみる。 娘氏らしい自己分析が滔々と続くが、核心に触れるかんじはなく、何かもどかしい。 私は「分かってるとは思うけど、勉強をしてほしいとか勉強する…

あれよあれよ

今日もいちにち雨模様。 この数週間、寝起きはいつもうっすら喉が痛かったけれど、パジャマを長袖にしてみたらここ2日でだいぶ良くなっている。セルフケア苦手だから、こんな基本的なことを見落としがち。自分の感覚に雑にならぬよう、粗くならぬように暮ら…

これじゃ弱い

だんなさんは、昨日仕事がひと区切りついて、朝から髪を切りに行き、帰ったらすぐ波乗りへ行ってしまった。 まるで、厄払いをしに行っているみたいだ。 いつも進行中の仕事についての話は何かと聞いているのだけど、今回は悩み多い仕事のようだった。プロデ…

時代遅れの人々

来月の東京都議選に向けた東京維新の会の公約を読んで、ものすごい時代遅れ感にたまげた。す、すごい。今、これを堂々と言うのか。 いまだに新自由主義をガンガン推進しようというこの感性って一体何周遅れなのか・・・。もはや反知性主義的と言ってよいほど…

バイデン政権の経済政策について

先週、複数のだんなさんと同じ業界の知人から(自分たちの業種でももらえる)とある給付金の存在、締め切り間近になって気付いて今慌てて申請しているんだけど、知ってた?もう済んでる?と連絡が入ったのだった。 もちろん知らなくて、情報に感謝しつつ慌て…

ワクチンどうするか

マスクさえしていれば大丈夫と思いたいのに似たマインドで、ワクチンさえ打てば大丈夫という向きが強まっている。 逆に、コロナウィルスワクチンの是非について意見を述べることはとても言いにくい嫌な感じ。ワクチンがイデオロギー化していることの表れだと…

ばかなのかなばかなんだろうな

緊急事態宣言が6/20まで延長されたという。 そして、緊急事態中であってもオリンピックはやるという。 ほんとうにほんとうに、ばかみたい。 まともな補償もなく、同調圧力で休業/時短営業させられている業態については死活問題だが、自分周りの街中の風景に…

我が家の発達系男子、「発達系女子とモラハラ男」

5月の半ばだけれど、このところ、もう梅雨みたいな天気が続いている。 空気がじっとりして気温より蒸し暑く感じるし、2日前のパンにカビが生えた。 気候変動は本当に深刻。昨年もハリケーンや寒波や山火事など色々あったけれど、今年はどんな自然災害が世界…

中浜さんは私だ

今クールは珍しく週に3つも楽しみに見ているTVドラマがある。ちょっと楽しい。 その中の一つ「コントが始まる」は、今の若者が何をよすがに人生を生きて行けばいいのかについての今日的な、大事なエッセンスが含まれている作品だと思う。 先日、この作品を中…

ブログという場所

2日前に書いた記事が、想像を超えてたくさんの人に読まれているようで、いつもに比べてあまりに桁違いに多いからおっかなどびっくりしている。 私は今、8ヶ月前に生まれたばかりの赤ん坊の世話をしながら、家から一歩も出ない日もあるような地味な暮らしをし…

朝からジェンダー話

昨日は一日雨だったけれど、今日は明るくからりと晴れていい気持ち。 燃えるごみを出して、朝から2回洗濯機を回して干して、寝ぐずりで暴れていた赤ん坊はやっと眠ってひと休みしている。 今日は午後から横浜へお出かけ。 我が家は毎朝だんなさんと2人で朝食…

炎上中の人生相談から派生して思うこと

河瀬直美監督の「朝が来る」を子育ての合間に見進めている。特定養子縁組がテーマで、まともな性教育も受けない幼い感覚のまま彼氏と避妊せずで妊娠してしまい、出産後すぐに里子に出す中学生の女の子が重要な役として登場する。 ちょうどそのタイミングで、…