続・みずうみ

映画のことを中心に、小さく平凡な毎日の中で自分が感じた色んなことを、湖のような落ち着いた心持ちで考えていきたいと思います

radio

この国で年を取って行くということ

庭仕事や台所仕事のお供の最近のお気に入りは、「ホントのコイズミさん」(スポティファイ・ポッドキャスト)。 穏やかで愉しげで、真面目ぶらないけれど逸らさない手応えのある対話が、聴いていて心地良い。 一般人とはもちろん大きく違う人生だけれど、キ…

お墓という「伝統」

源一郎先生のラジオ「飛ぶ教室」で取り上げられていた本(「万葉学者、墓をしまい母を送る」上野誠著)で面白いことを知った。 江戸時代以前には、個人の墓というものは、ほとんど存在しなかったという。村はずれの共同墓地の丸い自然石の下に戒名もなく一様…

それでも

先日「逆撫でしようと思ってわざとやってるよね?」と書いたのだけど、日々自分の実感は更新され続けている。 安倍首相が記者会見で「休業に対して補償を行っている国は世界に例がなく、わが国の支援は世界で最も手厚い」と述べたとのこと。 うがーー、まだ…

そういう人もいる

ほとんど家で家族と一緒に過ごすばかりの地味な一週間、なのに頭の上を飛び交う情報は量もショックバリューも普段とは桁違いに多くて、家に居ながらにして慌ただしい気持ちで過ごしてしまった。 また来週も暫定的な日々が続くのだな。まあ、そもそも人生とは…

「高橋源一郎の飛ぶ教室」「ベルリンフィル・デジタルコンサートホール」

曜日がよく分からない日々だけれど、ゴミ出しで平日が始まったことを実感する月曜日。 三連休はすごくヒマだったのですっかりぼーっとしているが、今週は立て続けに予定が埋まっているので、粗相がないように気合いを入れ直さねば。 インドアな日々におすす…

さよならラジオ

高橋源一郎さんがパーソナリティーをつとめるNHKのラジオ「すっぴん」が終わる事になったそう。熱心なフォロワーではなかったけれど、最終回に源一郎さんが書き下ろした短編小説「さよならラジオ」を自ら朗読すると聞き、聞き逃し配信で聞いたら、源一郎さん…