続・みずうみ

映画のことを中心に、小さく平凡な毎日の中で自分が感じた色んなことを、湖のような落ち着いた心持ちで考えていきたいと思います

moving

「ブスの自信の持ち方」

2019年/山崎ナオコーラ著/誠文堂新光社 山崎ナオコーラさんの本を初めて読んだのだけど、すごく刺激的で面白い本だった。 私は自分の感情に引きずられてしまいがちで、著者のような洞察力はもとより、このような聡明な公平さはとても持ち合わせていないの…

「ルックバック」藤本タツキ

岸政彦さんがシェアしていたこの漫画。久々に漫画を一気読みした。あんまり素晴らしくて絞り出すみたいな涙が出た。ぐはー、言葉が出ない。 今日は朝から低調な滑り出しだったのに、こういうものがすぐ身近にあって、何度でも心を温め、励ましてくれるのは、…

「感じるオープンダイアローグ」森川すいめい著

今、オープンダイアローグについての本をいくつか読んでいるけれど、いち素人としては、読み物としての面白さ、読み易さ、内容の深みいずれにおいてもこの本が今のところのベストだと思う。手元に置いて折々読み返したい一冊。 著者自身がまえがきに書いてい…

「ソウルフル・ワールド」

2020年アメリカ/原題:Soul/監督:ピート・ドクター/101分 なんだかんだで長年ピクサーのアニメーションを見てきたけれど、私はこの作品がこれまでで一番好き。見終わってすぐにもう一度見たくなったほど。 この作品の伝えるメッセージは、哲学的で普遍的…

「すばらしき世界」

2021年/監督:西川美和/126分/2021年2月11日〜公開 気合いを入れて、事前に何の情報も耳に入れずに行った。出産後初で半年ぶりに劇場で見た映画が、こんなにすばらしい作品で、ああ嬉しかった。 西川美和監督の作る映画は、細かな好みの差異はあれど、全…

「アンオーソドックス」

2020年アメリカ・ドイツ合作/原題:Unorthodox/監督:マリア・シュレイダー/リミテッドシリーズ全4話各52〜54分/2020年3月26日〜Netflix配信 すごい作品だった。閉ざされたコミュニティーで独特の文化を形成している、実態があまりよく知られていないユ…

「メイクアップスター」、坂口恭平のパステル画

今朝は久しぶりに寝室のエアコンがついていなくてもさらりとしていた。 自然の空気の方がやっぱり気持ちがいい。 一番の猛暑は抜けたのかな。 最近あちこちで蝉の死骸も目にするようになったし、夜歩いていると、空気はまだまだむわっとしているけれど、秋の…

「WAVES」

2019年アメリカ/原題:WAVES/監督:トレイ・エドワード・シュルツ/135分/2020年7月10日〜日本公開 昨日はこれを観たせいで、ぐったりしてしまった。重くて濃密な、すごい映画だった。 今年のベストに入ってくると思う。 ひとつの家族の物語に、「今の時…

「風の谷のナウシカ」

朝からざーざー降りの日曜日。薄暗く、やる気が出ない。 金曜日、助産院で逆子の相談をしたら、すぐエコーで見てくれたんだけど、向きは違えどやっぱり治っていなかったので、正常に戻すのに効くヨガのポーズや、体勢についていろいろ教えてもらう。 呑気に…

フレーミングとリフレーミング

昨日のSession-22のオープニングで、荻上チキさんがとても興味深い話をしていた。それは、こういう話。 出演者の死を受けて打ち切りが決まった「テラスハウス」という人気リアリティーショー。そもそもチキさんはどういう番組かを聞いて、あえて見ないという…

Welcome to Oure Living Room by 小曽根真

「ゴールデンウィーク」らしい、明るく晴れた土曜日。 朝、レタスを摘みに行ったら、エンドウの白い花がまたひとつ咲いていて、うれし。 おっちんが珍しく早く起きたと思ったら、今日から中学校の友だち2人と朝、海辺の公園まで往復することにしたと言う。バ…

ハナレグミ「出前 The MOMENT」

昨日の夕方は、ハナレグミのYoutube弾き語りライブ「出前THE MOMENT」を楽しく見た。 本当は日比谷野音でのワンマンライブの予定だった。コロナで中止になったので、思いがけなく久々にハナレグミのライブを楽しめて良かった。 やっぱりすごいな、ギター1本…

「5億円のじんせい」

2019年日本/文晟豪(ムン・ソンホ)監督/112分 GYAO!によるオリジナル映画製作プロジェクトの第一回グランプリ作品。「ぴあフィルムフェスティバル」的な作品を想像していただけに、あまりにレベルが高い作品で、心から驚いた!ていうか、ここ最近見た邦画…

ユヴァル・ノア・ハラリ氏の考察

バンコク駐在の弟から、明後日バンコクがロックダウンの知らせ。 1カ月の外出制限が決定されたとのこと。 すでに国外への移動は非感染の証明書と10万米ドル以上の保険を持つ人以外は認められず、事実上の鎖国状態になっている。 送られて来たバンコク市内の…

「ミッドサマー」さめやらず

朝6時にのそのそと起き出してくると、まだ時差ぼけの治りきらないだんなさんがすでに起きていて、顔を見るなり「昨日のあれだけどさ」と言う。 昨日感想を書いた「ミッドサマー」で、冒頭で主人公ダニーが双極性障害の家族を持つ精神的に不安定な女性である…

「少女邂逅」

2017年/枝優花監督/101分 私の人生の中で、多分いちばんきつかったのは、中学校から大学2年にかけての時代。十代のほぼまるごとだ。 40年以上生きていてもちろん色々なことはあったけれど、あの世界の狭さと逃げ場のなさと子供ゆえの圧倒的な理不尽さを含…

「家族を想うとき」(②それでも人間から奪えないもの)

【2.それでも人間から奪えないもの】 今の社会構造をありていに、怒りをもってつまびらかにしていることは、 無論この作品の大きな社会的役割だけれど、やはり心からすごいなと思うのは、このような陰惨な現実を描いても尚、この映画が人間讃歌であるという…

自分の登る山を見つける

昨日は、某作家のアトリエで行われる創作クラスの日だった。半日みっちりと。 普段とはちょっと違う次元での対話が行われる、特殊で濃密な時間だったので、多幸感を伴うハイで充実した感覚と、ぐったりとするような疲労感がないまぜになった、なんともいえな…

久々の良い変化、贅沢ご飯

灰色の朝だけど、気持ちは軽い。 昨日、おっちんからかなり長くて熱いプレゼンを受け、私的にはひとつ気持ちが定まった。 詳しくはまた時間のある時に考えつつまとめておきたいと思うけれど、私は今後もう、おっちんに学校へ行きなとは言わないと思う。 問題…

親切にしていただいて

いちお声をかけるも、今日も起きてこないおっちん。 あきらめて作ったお弁当のおかずを夕飯に回すべく淡々と朝の作業をしていたら、さっき起き出してきただんなさんが傍らに立って 「結婚記念日おめでとうございます」 と言った。 「いつもありがとう〜」と…

「是枝裕和×ケン・ローチ 映画と社会を語る」

録画していたNHK-BSの「是枝裕和×ケン・ローチ 映画と社会を語る」をやっと見た。ケン・ローチのシンプルな言葉のひとつひとつが胸に刺さって、見られて良かった。 ケン・ローチの前作「わたしはダニエル・ブレイク」は、今も幾つかのシーンが心に蘇ってくる…

「イエスタデイ」

2019年イギリス/原題:YESTERDAY/ダニー・ボイル監督/117分/日本公開2019年10月11日〜 今年のベスト作品のひとつになると思う。見られて本当に良かった! イギリス人とはいえ、ダニー・ボイルでビートルズそしてコメディという組み合わせに、もひとつぴ…

「JOKER」

2019年アメリカ/原題:JOKER/トッド・フィリップス監督/122分/日本公開2019年10月4日〜 ジョーカーというキャラクターは、映画におけるあらゆる悪役のなかでも際立って魅力的な存在と言えるだろう。 実写作品でジョーカーを演じた俳優は、いずれも素晴ら…

「ウォールフラワー」

2012年アメリカ/原題:The Perks of Being a Wallflower/スティーブン・チョボウスキー監督/103分 朝ご飯の後、おっちんがおもむろに見始めた。 「おっ、懐かしいな。この映画間違いないよー」と言いつつ、最初の10分は見逃したけど、結局最後まで座り込…

「真実」

2019年日本フランス合作/原題:La Verite/是枝裕和監督/108分/日本公開2019年10月11日〜 随分前に、主演がカトリーヌ・ドヌーヴ、共演がジュリエット・ビノシュであり公開は来年の秋という情報を耳にした。 しかし正直なところ、大御所ドヌーヴもビノシ…

相模原事件から3年の日に

昨日は暑い中汗をかきかき自転車漕いで、地元の障害福祉団体の実践発表会というものにはじめて参加してきた。 利用者さんと職員との関わりを取り上げた3つのショートムービーに、だんなさんがアドバイザーと編集のてこ入れでちょこっと関わったというご縁。 …

「アジズ・アンサリの”今”をブッタ斬り!」

海外のスタンダップは、自分の感覚ではあまりにもお下品すぎてとても最後まで見られない、というものもままあって、このところ見ていなかったのだけど。 久々に見たこれはとっても当たりだった。 あっぱれなほどタブーはなく、時に戸惑う程毒気は強い。 でも…

Mrs. GREEN APPLE「僕のこと」

昨日は一日都内だった。 東京で一日過ごすと、普段よりすごく体が汚れる気がする。髪や肌や服が。 人があまりにも多くて、空気が汚れているからかな。 だから帰宅するといつも急いでお風呂に入る。 元々J-POPを聴かないし、最近のものはとんと分からない。 …

子供を守るという生き方

昨日はいちんちしとしと雨だった。 夕方から役員仕事があったので私も子供たちと一緒にオケに行っていた。 帰り道、おっちんの悩み相談。 駐車場に車を停めた後、降りようかとふと横を見ると、おっちんの両目に涙がもり上がっていて、きらきらと街灯の光を反…

れいわ新選組、面白い

テレビでは1秒も取り上げられていないらしいが、ネットでは大変話題になっているれいわ新選組の決起集会(ボランティアの集い)が昨日あって、ちょっと動画を見ようかなーと思ったが、あまりに面白すぎて最後まで見入ってしまった。 比例の1位と2位がALS患者…