続・みずうみ

映画のことを中心に、小さく平凡な毎日の中で自分が感じた色んなことを、湖のような落ち着いた心持ちで考えていきたいと思います

「ムーブ・トゥ・ヘブン  〜私は遺品整理師です〜」

2021年韓国/原題:Move to heaven 무브투헤븐:나는유품정리사입니다/監督:キム・ソンホ/1シーズン10話各44〜62分/2021年5月14日〜Netflix配信 主人公は亡くなった人の部屋を清掃し、遺品の整理をする仕事を生業としている。ハン・グルはまだ20歳の青年…

生後394日(1y/0m/29d)

最近の末っ子は、一日のどこかで屋外で体をよく動かす時間を作ってあげることが必須になってきた。 野に放つと、とことことこ、おぼつかない足どりでどこまでもどこまでも歩いて行く。 草や花といった自然物よりも、明らかに人工物が好き。せっかく緑豊かな…

「ドライブ・マイ・カー」

2021年日本/監督:濱口竜介/179分/2021年8月20日〜公開 久々の映画館での映画鑑賞は、179分という長尺作品。でも、長さは感じなかった。 自分にとっては観ている間ずっと息がしやすく、溶け込むように入り込んで観た。 今年見たベスト作品の一つになると…

現段階での個人的雑感

テレビの報道番組でスウェーデンのコロナ対策が取り上げられたみたいだ。ふむ。 今の世界の主流のやり方がこれだけ八方塞がりになってくると、耳を傾けざるを得なくなってきたということなのかな。 一方、イギリスとアメリカのニュースではいずれも、ワクチ…

辻仁成さんの日記

このところ、ブログを書くことが難しいなと感じている。 私は良いこともそうでないこともひどく忘れっぽいから、先々読み返したらきっと色々思い出して面白かろうくらいの気持ちで、気負わず正直に、気が済むように書いているのだけど、最近はどうにも気乗り…

「ジョン・F・ドノヴァンの死と生」

2018年カナダ・イギリス合作/原題:The Death and Life of John F. Donovan/監督・製作・原作・脚本・編集:グザヴィエ・ドラン/123分 グザヴィエ・ドランは、自分にとって思い入れのある映画監督の一人なのだけど、前作の「たかが世界の終わり」が個人的…

ただならぬ

朝から、心理の先生と電話面談。 おっちんの日々の様子を話すと、さっと声色が変わる。 彼女はきっと今、生きるのもしんどいはずです。たぶん、入浴もあまりされていませんよね?私の力不足で申し訳無いのですが、精神科にかかって専門家のアドバイスを受け…

生後380日(1y/0m/15d)

末っ子は、もうだいぶ歩きがしっかりしてきて、だんだんと動きは活発になり、公園などで体力を使う遊びを欲しているような感じになってきた。 それで、同時期に複数の人から、とある未就園児のための造形教室を勧められていたので、試しに参加してみた。 紙…

一つずつましな方を選ぶこと、変えられると思うこと。

長雨が過ぎたら、急に肌寒くなった。ここ数年季節の変わり目に決まって感じることだけれど、日本の四季らしい曖昧な「あわい」がなくなっている感じ。それもこれも、地球温暖化の影響は少なからずあるのだろうな。 いささか無慈悲なほどにきっぱりと、夏はす…

「クリックベイト 」「ラブ・アゲイン」

「クリックベイト」 2021年オーストラリア・アメリカ/原題:ClickBait/監督:ブラッド・アンダーソン/1シーズン8エピソード各43〜53分/2021年8月25日〜Netflix配信 ★★★★★★☆☆☆☆(6/10) クリックベイトとは、ネット上でユーザーにクリックさせるためにわ…

再会

昨日は、末っ子を連れてイベントに参加。動く分、寝ない分、以前より大変になっていて、これからしばらくは、大人の集まる場に行くのは現実的じゃないなと確認。 会場で、上の子ども絡みの懐かしい人にばったりに再会した。互いの近況を楽しく話せて嬉しかっ…

「ブスの自信の持ち方」

2019年/山崎ナオコーラ著/誠文堂新光社 山崎ナオコーラさんの本を初めて読んだのだけど、すごく刺激的で面白い本だった。 私は自分の感情に引きずられてしまいがちで、著者のような洞察力はもとより、このような聡明な公平さはとても持ち合わせていないの…

「躁鬱大学 気分の波で悩んでいるのは、あなただけではありません」

2021年/坂口恭平著/新潮社 躁鬱気質とはどういったもので、どういう特徴や傾向を持つのか。何よりこの気質とどう折り合いをつけて楽しく生きていくかについて、躁鬱当事者である著者自身の経験と研究、そして彼の信頼する精神科医神田橋先生による「神田橋…

生後368日(1y/0m/3d)

よりによって家族とケンカっぽくなったり、ゆうたの迎えがあったりで、どたばただったここ数日。 赤ん坊改め末っ子(1歳はさすがにもう赤ん坊ではない)は、無事に1歳の誕生日を迎えた。なんとか元気に育ってる。身近な人たちからの温かいお祝いの言葉や品物…

「完璧な家族になる方法」

2021年カナダ/原題:Le Guide de la famille parfaite/監督:リカルド・トロジ/102分/2021年7月14日〜Netflix配信 フランスから帰ってきたばかりの息子は、初めての海外一人旅だっただけに、日本と全然違う点、文化や人の感じの違いなど、色々感じたこと…

「足跡はかき消して Leave no trace」

2018年アメリカ/原題:Leave No Trace/監督:デブラ・グラニック/119分 アメリカは、言わずと知れた世界で戦争を最も行っている国で、というか、ほぼ常に戦争状態にあり、それによって経済を回している国である。 同時に、それだけ戦争をしているにも関わ…

帰国と隔離

昨日、ゆうたが無事帰国して、そのまま国が指定したホテルの隔離生活に入った。 日本の厚労省の指定する陰性証明書の書式が「Too complicated!」ということで、パリのラボでことごとくPCR検査を断られてたらい回し状態になり、まじで帰国に間に合わないかも…

「ザ・ピーナッツバター・ファルコン」

2019年アメリカ/原題:The Peanut Butter Falcon/監督:タイラー・ニルソン&マイケル・シュワルツ/97分 そういえば最近ロードムービーを見てなかったなと思い出す。久しぶりに広々とした気持ちになれるロードムービーだった。 やっぱり、自分にとっての…

「モダン・ラブ シーズン2」

2021年アメリカ/原題:Modern Love/監督:ジョン・カーニー他/全8話各回約30分/2021年8月13日〜Amazon Prime配信 前シーズンが大好きだった「モダン・ラブ」、2年越しでシーズン2が配信されたことを知り、わーいと小躍り。毎日ちょっとずつ見進めようと…

なぜ日本は冷たい社会になっているのか

先週から今週にかけて、分野は違うが積極的に社会に対してアクションをしている人と差し向かいでじっくり話す機会が、たまたま立て続けにあった。 いずれも素敵な人たちで、良い時間で、自分の中にふっと違う色の風が吹き、自分ができることの可能性が広がっ…

子ども雑記、学びについて

今日も雨。小雨の中ベビーカーでぶらついていると、これまで歩いたことのない近所に、赤ん坊を遊ばせるのにちょうど良い場所を発見して嬉しい気持ち。これだけ長く住んでいてもこういうことってあるのだなあと思う。 滑り台を自力で上までよじ登れるようにな…

某メンタリストについて思うこと

炎上中の某メンタリスト、問題になった発言を文面で、それから「謝罪と今後の展望」なる短い動画を見た。 色々な意見が入り乱れているが、大前提として、「このような思想がまかり通る社会であってはいけない。このような意見に私は決して与しない」という意…

デイヴ・シャペルが好き

他ではなかなか見られないNetflixならではのコンテンツって、スタンダップコメディと、シットコムと、幅広いジャンルの質の高い(つまりタブーのない)ドキュメンタリーなんだろうと思う。 シットコムは苦手な私の最近のお気に入りは、デイヴ・シャペルのス…

「THE GUILUTY  ギルティ」「ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋」

2018年デンマーク/原題:Den skyldige/監督:グスタフ・モーラー/88分 ★★★★★★★☆☆☆(7/10) デンマークのとある警察の緊急ダイアルのオペレーション・ルーム。何か事情を抱えているらしい、受信係のアスガー・ホルムという警官が主人公。全編がこの狭い…

ふわふわと人並み

今日も晴れて蒸し暑い。赤ん坊は朝からプール遊び。元気に食ベてたくさんうんちを出して、よくおっぱいも飲む。 おっちんは昼夜逆転がひどく、起こしにいってもなかなか起きない。とても気がかり。 起きている間は普通に機嫌も良く、よく喋り、赤ん坊の世話…

生後346日(11m/12d)

毎日暑すぎるのだけど、赤ん坊はどんどん体力がついてきて昼寝をしなくなっているし、家で編集をするだんなさんが忙しいサイクルに入っているため、気を遣ってなるたけベビーカーでお出かけをするようにしている。 歩いたり、美味しいものを食べたり、あれこ…

「幸福路のチー」

2017年台湾/原題:幸福路上 On Happiness Road/監督:ソン・シンイン/111分 台湾は、一番日本に似ているよその国だと思う。 台湾映画の中にある自然や町の風景や人々の暮らしを見ると、いつも懐かしさと親しみを感じる。 今の潔癖で自分にも他人にも厳し…

生後341日(11m/7d)

8月に入り、うだるような暑さ。このところは毎朝ウッドデッキに洗濯物を干すタイミングで赤ん坊はプール遊びをして、遊んで疲れて水でクールダウンしたら昼寝に入るというサイクル。 決まったリズムが生まれると、ちょっと心に余裕が生まれる。ちょっと億劫…

武者修行へ

ゆうた、旅立つ。見送りに家族で成田へ。 空港は、ひと気のないがらんとした巨大な箱だ。 チェックインカウンターは、ほんの一つ二つの航空会社の窓口が開いているだけ。 利用客より空港スタッフの方がだいぶ多い。清掃の人やガードマンが談笑している。 飲…

「大坂なおみ」②

心に残ったもう一つの箇所は、第二話の最後、彼女のモノローグだ。 Honesty, tennis is not necessory for anything. I'm doing it. Like I love doing it,but there's more important things in the world. 正直に言って、テニスはこの世に必要なものではな…