続・みずうみ

映画のことを中心に、小さく平凡な毎日の中で自分が感じた色んなことを、湖のような落ち着いた心持ちで考えていきたいと思います

保育園、センター入試

地域で気になっていた認可保育園に見学に行ってみたら、あんまり素晴らしいところで目がハートになってしまった。 内部に入ったのは初めてだったのだけど、かなり個性的でちょっとジブリ博物館を思い出すような建物だ。でもキャラクターみたいなものは見当た…

「わたしたち」

2016年韓国/原題:The World of Us/監督:ユン・ガウン/94分 冒頭、体育のドッヂボールのシーン。子供達がわいわいやっている後ろで曖昧な表情を浮かべて所在なげに佇んでいる主人公の少女、ソンの表情をカメラは凝視し続ける。 彼女は自分がなぜここにい…

「欲望の資本主義」を見て考えたこと②、「コレクティブ 国家の嘘」

地球環境に配慮しながら安定して経済発展し続けているスウェーデンの例が番組で取り上げられていた。 その最も大きなポイントは、国によるサポートが基本的に企業ではなく個人に向けられていること。競争や合理化の上で劣った企業を政府が救うことはあえてせ…

「欲望の資本主義」を見て考えたこと①

NHKの「欲望の資本主義2022」、偶然後半から見たのだけど、マルクス経済学者の斉藤幸平さんとチェコの経済学者トーマス・セドラチェクの対話がすごく面白かった。 セドラチェクは、少年時代に母国である旧チェコスロバキアが革命で共産主義を終わらせた時期…

初雪

朝から音もなく雪が降り出して、止むことなく、だいぶ積もってきている。雪が降らない神奈川では、今年初めてのこと。 初めて雪を見た末っ子に、リビングの窓越しに「これが雪だよ、ゆ き」と指差して教える。 ちょっと興味深そうに外を眺めているが、さほど…

「ロスト・ドーター」

2021年アメリカ/原題:The Lost Daughter/監督、脚本:マギー・ギレンホール/121分/2021年12月31日〜Netflix配信 昨年も配信中心で新旧ごった煮状態で映画を見ていた。ただでさえ自宅のテレビ画面、1歳児の育児の合間を縫って見ているのでどうしてもこま…

「浅草キッド」「ミックステープ」「消えない罪」

「浅草キッド」 2021年/監督:劇団ひとり/123分/2021年12月9日〜Netflix配信 ★★★★★★☆☆☆☆(6/10) 柳楽優弥の演技はなかなかの見ものだったし、思い切ったファンタジックな演出も好印象だったのだけど、人間の機微がかなり省略されているというか、無害…

「パワー・オブ・ザ・ドッグ」

2021年イギリス・カナダ・オーストラリア・ニュージーランド・アメリカ合作/原題:The Power of the Dog/監督:ジェーン・カンピオン/128分/2021年12月1日〜Netflix配信 「The Piano」のジェーン・カンピオン、久々の作品だけれどパワーが全く衰えていな…

師走日記

朝、明るく晴れたのも束の間、昼前には薄曇り、小雨が降り出したと思ったら雪に変わった。 末っ子はウッドデッキに出て、ズボンの裾を濡らして喜んでいたが、私は部屋の中から見守る。危険な寒さ、ここで風邪菌が入り込んだらダウンしそうな予感でいっぱいだ…

「家族と国家は共謀する」、説明責任

信田さよ子さんの「家族と国家は共謀する」を興味深く読んでいる。 新書って内容が薄めなものも少なくないが、本書は濃密。 この本は、人間が為すあらゆる肉体的および精神的な暴力というものに対する深い示唆に富んでいる。幅広い経験に根ざした知見がシェ…

贈り物考

京都の親友から贈り物と近況を綴った手書きの長い手紙が届いて、今もまだ心がほかほかと温まっている。 いつもながらに素晴らしいセンス、しかも気軽なものではなく、一生ものの一品だったことに驚き、感激した。 「多忙と二度の入院で買いに行く機会が見つ…

生後473日(1y/3m/16d)

10月に保育園に入ってから、ずっと病気がちの日々が続いていた。家族も軒並み移されて私も寝込み、精神的にもかなりダウンした。 末っ子は回復してからも半月ほども鼻水との戦いだったけど、最近ようやくみんな元気になってきた。 保育園にもすっかり慣れ、…

「私の帰る場所」

2021年アメリカ/原題:Lead me home/監督:ペドロ・コス、ジョン・シェンク/40分/2021年11月30日〜Netflix配信 夫のサンフランシスコ時代の知人から「もう普通の人はサンフランシスコには住めない、地価が狂ったみたいに高騰し続けてる」と聞いてびっく…

ひとりごと

夜中の授乳の後も雨の音で目が冴えて、しばらく「1Q84」を読んでいた。このところ毎晩のように明け方に小さな灯りをつけて本を読んでいる。 読みたいけれど手が付けられていない本は何冊もあるのに、なんとなく今「1Q84」を読むことが必要なような気がしてい…

「tick, tick…BOOM! チック、チック・・・ブーン!」

2021年アメリカ/原題:tick, tick...Boom!/監督:リン=マニュエル・ミランダ/115分/2021年11月12日〜Netflix配信 満を持して長編監督デビューした、アメリカミュージカル界の若きスター、リン=マニュエル・ミランダによるミュージカル映画。「ラ・ラ・…

オープンダイアローグを学ぶ

コロナ禍で生活のほとんどを、あんまり外出もせずおおむね子育てして過ごしてきた地味な2021年の最後になって、念願だったオープンダイアローグを体験する機会を思いがけなくいただいた。 それも森川すいめいさんご本人から20名足らずの少人数でまる一日をか…

これからいかに生きるか

オミクロン株の登場で世界中がにわかにあたふたとしている。 きりがないコロナの変異株。いつまで今回のパンデミックが続くのか、誰にも分からない。 あらゆる側面において、自分としてどうありたいかをよく考え、何者かに勝手に人生の手綱を握られぬよう、…

名も無い分かれ目

昨日、とても悲しいことがあった。 出し抜けに世界が音もなく崩れて、でも心のどこかでは「ほんとうのこと」をずっと前から知っていたような気もしていた。 思えば、最初の最初から、私は知っていたのかもしれない。 直感というものは、多分何よりも正確なも…

幸せに気付くことの幸せ

昨夜からしとしと雨が続いている。もうすぐ保育園にお迎えに行かなくちゃ。 時間てどこへ消えていくのだろう。こうして預けるようになって、自分の時間が出来たと思っても、結局くるくる動き回って気忙しく過ごし、気がついたら慌ててお迎えに行くと言うサイ…

「たちあがる女」

2018年アイスランド・フランス・ウクライナ合作/原題;Woman at war/監督;ベネディクト・エルリングソン/101分 明け方にぐずって泣き止まなくなってしまった末っ子を持て余して、仕方なく寝室を出る。リビングであやしながらこの映画を見始め見ら、始ま…

子供を塞がない場所

今日も爽やかな秋晴れ。退院後はわりにあっさり日常が戻って来て、昨日は末っ子と青空自主保育に参加して自然の中で過ごし、今日は保育園に預けて家の中で事務作業。いいサイクルだなあ。 末っ子と一緒に過ごすと言っても、家の中では家事雑事が気になって、…

「PASSING 白い黒人」「デイヴ・シャペル これでお開き」

「PASSING 白い黒人」 2021年アメリカ/原題:Passing/監督:レベッカ・ホール/99分/2021年11月10日〜Netflix配信 ★★★★★★★☆☆☆(7/10) 舞台は1920年代のニューヨーク。美しいモノクロの撮影が素晴らしかった。 パッシングとは、肌の色の薄い黒人が白人…

だめだめ星に行ってきた

今回、初めて親として付き添い入院をしてみてびっくりしたこと。 乳幼児の入院には、実際親が付き添うことになるのがほとんどだと思うのだが、入院した市立病院では「まるでそんなことは想定していないかのごとく」付き添いに対する配慮が皆無だった。自分が…

生後444日(1y/2m/18d)

二日間着っぱなしだったルームウェアを洗濯機に突っ込み、ひとっ風呂浴びて、やっとまともな気分になっている。たった2日の入院だけど、ぐはー、シャバに戻ってきたー、という気持ち。 末っ子の鼻風邪がやっと治ったと思ったら、次はなんだか熱っぽい。様子…

ほんとずれてる

中3の娘氏の中学校の担任に呼ばれて面談をしてきた。進路について心づもりを聞いておきたいということのようだった。できれば娘氏も来て欲しいということだったが、お断りした。 6月に相談室登校した際に、娘氏の心を見事にぽきりと折ってくれた担任と学年主…

青空自主保育へ

ずっと参加してみたかった青空自主保育の会に、やっと重い腰を上げて初参加。 前知識ゼロで、体ひとつで参加したのだけど、いきなりヤギや鶏が放牧されている野原に案内される。末っ子は全く不安がる様子もなく、早速ヤギの尻尾を触ったり、もうちょっと大き…

「心のカルテ」「ワタシが私を見つけるまで」

「心のカルテ」 2017年アメリカ/原題:To the Bone/監督・脚本:マーティ・ノクソン/107分 ★★★★★★☆☆☆☆(6/10) 監督自身の体験を自ら脚本化し監督しただけあり、拒食症の描き方に説得力ある。 拒食症は「普通に健康」な感覚から見ただけでは理解すること…

びっくりがっくし

選挙。今回はさすがに動きがあるだろうと期待をもって見守っていたのだけど。最初ちょっといいことあるかな?と思ったのも束の間、結局いつものがっかり感を抱えてしょんぼり眠りにつき、翌朝比例も含めて出揃ったところを見て、無言。ずーん。 今回は、18歳…

生後434日(1y/2m/8d)

秋晴れで風が爽やか。午前中、末っ子が退屈してわーわーになってきたので慌てて外遊びに連れていく。帰りに立ち寄ったドラッグストアで元気にのけぞってぐずり、汗だくになってなんとか乗せた自転車の座席で気がついたら眠り込んでいる。いい気なもんである…

安倍菅政権で起こったこと

あんなに国民には関与しようもない自民党の総裁選についてはしつこく報道していたのに、大手メディアの衆院選の報道はやはり薄い。主体的に情報を取りにいかない限り、我々は考える材料をほとんど与えられないまま投票日を迎える。そして選挙が終わった瞬間…